読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プラシのサラリーマン雑記ブログ

好きな漫画、サラリーマン生活で知った内容を書きます!

損益分岐点とは?(初心者向け)

ビジネス

こんにちは!営業マンプラシです。

最近、損益分岐点について知る機会がありましたので勉強のために書いておきます。

私は根っからの営業マンで数字に強くないため、これから勉強していきたいと考えています。ご興味のあるかた、一緒に勉強して、できるビジネスマンになりましょう。

損益分岐点とは

 

損益分岐点(そんえきぶんきてん、: break-even point, BEP)は、管理会計上の概念の一つ。売上高費用の額がちょうど等しくなる売上高または販売数量を指す。前者を損益分岐点売上高といい、後者を損益分岐点販売数量という。単に損益分岐点と言った場合、管理会計では前者を指し、経営工学では後者を指すことが多い。

売上高が損益分岐点以下に留まれば損失が生じ、それ以上になれば利益が生じる。このことから採算点とも呼ばれる。(引用:Wikipedia

 

ウィキペディアから引用してみましたが、さっぱりわかりませんでしたので、自分なりに解釈して説明します。(間違っていたらごめんなさい。ご指摘いただけるとありがたいです。)